2008年12月10日

映画「ぼくのおばあちゃん」の菅井きん。

あーた、「菅井きん」という女優さん知っとるですか?

そうそう、この前、最高齢(82歳)でギネスに認定された
女優ですたい。
ギネスに認定された後のインタビューでは、
「これからも現役でいられたら一番幸せですね」と応えられました。

「菅井きん」さんは、長年に渡って名脇役として映画や、ドラマで
活躍されていますね。

私が良く知っているのは、テレビドラマの藤田まことの
「必殺シリーズ」で中村主水(藤田まこと)の姑役が抜群の存在感。

※例の「婿殿」の台詞。

 物語の終盤にちょこっと出演されるのですが、この「婿殿」で
 血生臭いストーリーを一変に和ませてくれましたね。

◇公開中の映画「ぼくのおばあちゃん」に初主演。

人気ブログランキングへ
◇公開されています映画。
 爺ちゃん、婆ちゃん、お父さん、子供と三世代が共に
 暮らしていた昭和の時代。
 その時代の家族の姿をと描き、今では失われた人々の
 「絆」を綴ったホームドラマの映画である。

ここでも菅井きんさんは
「これからは、気ままに、迷惑をかけない程度にわがままで
 行きたいですね」
「頑張ってしまう癖があるので、抑えるのに苦労しました」
「さりげなくやるように心がけましたが、自分で思い描いた
 ように出来ませんでした」とコメント。

◇映画のストーリー

☆忙しい日々を送る住宅メーカーの
 トップセールスマンの智宏(岡本健一)が、結婚もし、子供も
 出来て幸せに満ち溢れた生活を送っています。

 しかし智宏は、仕事の忙しさにかまけて家族の事など考える
 余裕などなかったのです。

※世のサラリーマンのお父さんは、殆どの方が心当たりが
 お有りと思いますが、どうでしょうか?

 そんな時、ある一家(お客)との出会いあり、接している内に
 智宏は、心の奥にしまっていた、「おばあちゃん」を
 思い出すのです。
 
 大好きだった「おばあちゃん」(菅井きん)との記憶が
 次から次に甦るのでした。

 智宏の両親も忙しく自分をかまってくれませんでした。
 親の代わりにいつもそばにいたのが「おばあちゃん」でした。
 その「おばあちゃん」が、教えてくれた大切なこと。
 
 それは、智宏が忘れかけていた、かけがえのない
 家族との「絆」だったです。

◆菅井きんさんの他の主な出演者は
 岡本健一、柳葉敏郎、、寺島進、船越英一郎、石橋蓮司
 清水美沙、加藤貴子、原日出子、阿部さだお。

 あとは、映画を見ての楽しみですな。

◎私も見たい映画の一つです。

 しかし、私の町には、映画館がありません。
 誰か映画館作ってくれ〜〜〜〜〜〜。
posted by しゅんじぃ at 21:07 | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。